FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
7/17 ポータル「楽しかった海の思い出」
高校野球岩手大会もたけなわ!
学校の夏休みも、もうすぐそこですね。
その前にまずは3連休♪
お天気は心配ですが、海の日がやってきます。
今週のテーマ「楽しかった海の思い出」にいただいた
皆さんからのメッセージをまとめました。



MC安MOTSUさん

震災以前は、山田町の「オランダ島」に行って海を楽しんだり、高田松原を見たり。
見に行ってて良かったなと思ってます。
オランダ島で海水浴と言いますか、水が冷たくて日陰で海を眺めて
たまに足だけ海水浴とか、島を一周したりと楽しかったです。
高田松原はたくさんの松がありました。
震災前の風景は、思い出と共に記憶に残ってます。
またいつかオランダ島や高田松原などに行きたいです。


むらさきさん

楽しかった海の思い出といえば、ロタで行った海ですよっ!!!
南国の海は透き通っていて、色とりどりの魚が泳いでいて最高でした!
ですが、あまりの楽しさに時間を忘れてシュノーケリングで
ずっと浮かんでいたら、太ももの裏側を激しく日焼けしてしまいましたよ(苦笑)
皆様お気をつけて!


プリシラさん

私の海の思い出は、今はなき高田松原と海と貝のミュージアムです。
高田松原は、盛岡に来たばかりの頃、親子三人で訪れました。
浮き輪にはまって親子で波間をプカプカしたり、砂浜で日向ぼっこしたりしました。
きれいな松並木と青い海が印象的でした。
海と貝のミュージアムの前でFMのお姉さんがお二人で生放送中でした。
(当時ラジオモリオカはありませんでした。)
その時は時間がなかったので次にしようと思い、何年もたってから夫と二人で訪れました。
ミュージアムにはおびただしい貝のコレクションが展示してあり、
様々な色と形の貝たちに見飽きることがありませんでした。
子どもたちが、小さな貝でアクセサリーを作ったり、
浅い水槽に入った浜辺の生き物に触れて、大喜びしていました。
あの美しい松原とミュージアムは跡形もなく流されてしまったと聞いて本当にショックでした。
でもミュージアムのコレクションは倉庫に収納されていた物が少し残っていて
盛岡県立博物館で修復されたそうです。
あの海と貝はいつまでもわたしの心の中で生きています。
復興が進み、人々に笑顔が戻ることを願ってやみません。


ぷーさん

大学生の時に、サーフィンに憧れスクールに通おうと思ったのですが、一歩勇気が出ず断念。
中学生以来、海に入っていない記録が順調に更新されています!
楽しいというか、海にまつわる思い出でした(苦笑)


うむむ改めふぅさん

学生時代で秋田にいた頃、よく海に行ったなぁ~。
夜の砂浜に涼みに行ったり!
夜中に、男鹿半島までドライブに行ったり!
秋田の学生なら、1度はやっていそうな事ですね~(笑)
岩手では、浄土ヶ浜にいきましたよ。
風光明媚なところですね♪
ウニ丼食べたなぁ。
地元は海が無いので、海に行くといつも新鮮な気分になっていた私でした~。


ベーシスト猫坂さん

まだ新婚の頃、私達は海釣りにハマッてました。
ある日、山田漁港で夜釣りをしてましたが二人ともボウズ。
普段温厚な鬼嫁様も御機嫌ナナメ…。
遂に鬼嫁様は一言「浪板に行って生きているスナエビ捕獲!」と運転命令。
山田から大槌浪板で砂浜に入ってスナエビ大量捕獲後、山田漁港で釣り直し。
その後の鬼嫁様の気迫といったら…怖い恐い。
海タナゴを20匹程、鬼嫁様一人で海より捕獲。
その後自宅で、海タナゴの姿揚げで、大変美味しく頂きました。
最近は、まだ子供が小さいから海釣りは休止中ですが、また始めたいデスね。
千代子さんは、釣りの経験はいかがですか?
(子供のころは父と一緒に行きましたよ♪ぜひ、お子さんと行ってくださいね。/ちよこ)


たろままんさん

小さい頃、いとこが黒地に白いドットの水着を着て
海に、プールにと張り切っていたところ、
白い水玉模様の部分が、見事に日焼けで黒くなっていて大笑いした思い出があります。
白い部分が紫外線を通して日焼けしてしまったんでしょうねえ・・・。
びっくりでした!


オカベパラダイスさん

子供の頃(昭和50年ごろ)に父親と弟と親戚の叔父さんで、東京湾に潮干狩りに行ったことです。
高度経済成長期で日本がの公害で汚染されていたころです。
無数の杭と鉄板で覆われた夢の島(ゴミの最終処分場の埋立地)を横目に
ヘドロの匂いが沸き立つ臭く汚い運河を漁船で下って
潮の引けた東京湾で潮干狩りをしました。
海はわりと綺麗でした。
あさりやシジミもとりましたが、畳ほどの大きな死んだエイを引っ張ったりして遊んでいました。
エイにはしっぽに毒のついたトゲがあり数日間とても痛い思いをしました。
お昼は漁船で揚げたての天ぷらとアサリ飯を食べました。
楽しかった思い出です。
でも汚い運河の思いが強く未だに江戸前の魚貝類は抵抗があります。


ぴろうなさん

強烈な体験で忘れられない思い出があります。
十数年前になるでしょうか、車数台に職場の同期仲間と先輩達と秋田の海に行きました。
浅瀬でバチャバチャと水遊び。
ここまでは良かったのです。
誰かが大き目のビート板の形状をしていて空気で膨らませた物を持ってきました。
泳ぎの不得意な私が使わせてもらえました。
使って遊んでいるうちに気づくと私だけ仲間と5m離れ、あれ?と思っているうちに10m離れ・・・。
波を頭からかぶり、捕まっていたビート板もひっくり返り。
息つく暇も無くまた頭から波をかぶり。
慌てつつも足がつくはず!と思ったら足がつかない!!
必死に片手を挙げ「助けてー!!」と呼んだら、
手を振っていると勘違いされ、笑顔で手を振り返されてしまいました。
これはまずい(汗)と思った瞬間、もう一度足をつこうとしたら、腰までの浅さでした(笑)
本当に岸が遠かったんですよ(汗)
後から聞くと、異変に気付いた同期は、監視員に助けを求めてくれたそうです。
監視員は「離岸流だから、そのうち戻ってくるんだよ」と。
その通りでした。
みなさん「離岸流」ご存知ですか?危険ですので、安全に海水浴をお楽しみ下さい。
あれっ?「楽しい」思い出ではないですね。失礼しました~!


巧遅は拙速に如かずさん

小学生6年生の夏。
いつも仕事で忙しい父が、海水浴に連れて行ってくれました。
普段は送迎ばかりで、一緒に海で泳ぐなんて機会は後にも先にもこの一度きり。
学校の水泳部に入ってかなり泳げる様になった姿を
父に観てもらおうと、張り切った私でした。
その時、海の家の広報スピーカーから
全日空機が雫石に墜落した!と云う緊迫したラジオの緊急放送が流れたのです。
抜けるような青空の、すぐ近くでそんな事が在ったなんて!
とても楽しく貴重な夏の思い出は、
その怖い気持ちとないまぜになり、子供心に一層鮮烈に刻まれたのでした。


スカイブルーさん

小学校生の頃の「絵日記」を思い出すテーマですね・・
大人になると、楽しかった事より、少し「しょっぱい」思い出が多くなりますね。
僕の場合は、海=(イコール)恋愛が相場でしたので・・・
20代から数十年間、神奈川の辻堂で生活しました。
盛岡(360度、山の景色)とは、違う「空気、音、匂い」に新鮮さを覚えました。(海に憧れを・・・)
特に、「恋愛を通してオトナへと成長する事」の大変さをも学びました。(良い思い出も、苦い経験も・・)
この時代に、読んだり(本)、聴いたり(音楽)、観たりした事(映画)は、当分忘れられない経験、思い出になりました。
PS:TUBE好きになったのも、この頃ですかね


にいやんさん

やっぱり子どもの頃の思い出ですかね~。
母の実家が山田町なので、よく船越の海岸に行って海水浴をしていました。
親戚に漁師や魚屋さんもいましたので、
獲ったばかりのウニを海水で洗って食べさせてもらったこともありますよ!
夜はイカ釣り漁船の明かりが水平線に光っているのを見せてもらったりと、思い出は尽きません!


パーソナリティの関口優さん

海、だーい好きです!!
サーフィンしたり、浜辺でのんびりしたり
海沿いをドライブしたり、海の幸を堪能したり。
春夏秋冬いつでも好きですが、やはり夏の海は別格ですね。
最近の楽しい海の思い出は、大分の別府で体験した砂風呂。
広ーい砂浜に寝っ転がって砂をかけてもらいます。
波の音を聞きながらじんわりと温まって、目を開けると広がる海!
なんとも開放的な砂風呂で、
海も温泉もどちらも大好きな私にとって、たまらない体験でした。
また行きたいなぁ。


ちよこ

楽しい海!と言えば「釣り」かなぁ。
子供のころ、父によく海釣りに連れて行ってもらいました。
久慈近辺の港の岸壁や、岩場?磯?で。
あのころは虫系も平気だったので、
仕掛けやエサつけも教えてもらって、自分でやるのが楽しかったな。
食いついたサバに竿ごと持っていかれて父と大慌てしたり、
知らぬ間に潮が満ちて、岩場に取り残されそうになって泣いたり。
「あいなめ」はちっちゃくても大暴れするので、釣りがいがあったなぁ。
まあまあ・・・ん~、かなり男勝りな女子でしたね。
今もですが。
魚が釣れるまで、ただただ海を眺めて海中の様子を想像してみたり、
遠くを行く船をみつけては、乗って世界を旅している人になってみたり。
釣り自体ももちろん楽しいのですが、海には底知れない神秘的な魅力があって
見ているだけで、わくわくドキドキ本当に楽しいです。
もちろん怖さもある。
太刀打ちできない力があるからこその魅力なのかな、とも思います。
父も他界したし、近年はすっかりご無沙汰。
釣りしたいな。
一日中、海をぼんやり眺めながら。
子供の時みたいに、いろんなこと想像しながら。
あ、妄想か!?





皆さん、メッセージありがとうございました!

来週のテーマは「わたしの暑気払い!」です。
暑い夏に冷たい食べ物や身体を冷やす物を食べて
熱を取り除き、暑さをうち払う風習。
近代では、この時期の飲み会を暑気払いと呼んだりしているようですね。
食べる!飲む!に限らず、暑い日に涼しさを求めて行うことは何でしょう?
あなたの夏に涼しくなる方法は何ですか???
来週も、皆さんからのメッセージお待ちしています♪
スポンサーサイト
[2015/07/17 15:04] | ラヂオもりおか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<7/24 ポータル「わたしの暑気払い!」 | ホーム | 7/10 ポータル「超常現象か!?」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://radiomorioka.blog14.fc2.com/tb.php/696-83ecba36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。